製本を学ぶ

本づくり学校

製本は美篶堂が中心に指導。嘉瑞工房の高岡昌生から活版印刷とその文化を、美篶堂の本も手がけたデザイン事務所eaからは、コンテンツから考案するオリジナルの絵本づくりを学びます。そのほか、紙の種類や選定方法、最新の印刷・加工技術など、各分野の専門家による多面的な授業を行っています。また、製本ワークショップの講師ができる人材の育成も進めています。

基礎科

上製本、和綴じ、フランス装、蛇腹製本など、多くの製本方法を通して、「本」がどのように綴じられているのかを理解し、基本的な製本技術を習得します。卒業制作では、コンテンツから自身で考案し、世界に1つだけの本をつくります。
基礎科の詳細はこちら

応用科

基礎科を修了した方が受講できます。10冊同時製本などを通じて本を量産する技術を習得し、また、特装本の函となるブックケース、夫婦箱を製作する方法を学びます。
応用科の詳細はこちら

製本講師養成クラス

本づくり学校の基礎科、応用科の授業の全てに出席している方が対象です。これまでの本づくりの学びを活かし、更に丁寧に本づくりの技術と心得を体得し、指導者を目指す方のカリキュラムです。
製本講師養成クラスの詳細はこちら

講師プロフィール

講師プロフィールの詳細はこちら


ワークショップ

東京では、月に1~2回、下記の中より不定期に製本ワークショップをおこなっております。

ワークショップの申し込み方法

お申込みご希望の方は オンラインショップのより、ご希望のワークショップをご指定下さい。
オンラインショップはこちら

Blockmemo notebook
角背上製本
アコーディオンアルバム
和装本/こうき綴じ
和装本/四つ目綴じ
絵本製本
文庫製本 * 中級
フランス装
豆本切手アルバム+ブックケース
丸背上製本 *上級


出張ワークショップ

学校、図書館、イベントなどで依頼を受け製本のワークショップをおこないます。

※出張ワークショップのお申し込みについて